ソニックオプションでボーナスを利用しながら取引

ソニックオプションでボーナスを利用しながら取引

ソニックオプションの実態

ソニックオプションは海外のバイナリーオプション業者の1つであり、詳しく書きませんがあるバイナリーオプション業者と同じところが運営していたりします。取引ルールとしてはハイローオーストラリア、トレード200と同じようにハイロー系列のみで構成されていて通常のハイロー、短期取引のショート、そして独自の取引ルールであるレンジアウトで構成されています。以前はドローアウトという引き分けになれば負け扱いになる代わりにペイアウト倍率が通常のハイローより高い、というルールを実装していたのですが、レンジアウトと入れ替わりになるように消滅しました。

レンジアウトの取引ルール

レンジアウトはレンジの範囲が設定されたその範囲で取引が終われば負けになるというルールから分かるようにスプレッドハイローが名を変えたものではあるのですが、他と違う特徴としてはペイアウト倍率が固定ではないということです。しかしこの固定ではない変動はマイナスの情報ではなく、2倍以上になる可能性があるということであり、通常のスプレッドハイローよりも利益を多くもらえる可能性があります。他のハイローも特別高いわけではありませんが、ペイアウト倍率の水準は高いのでハイローだけでも利益を出していくことは十分に可能となっています。

他業者にはないボーナスの仕組み

そしてソニックオプションの一番の特徴がボーナスにあります。ボーナスの内容自体は入金した金額に応じてもらえる金額が増えるというもので、時期によって異なりますが最大で入金した分の60%がもらえます。海外のバイナリーオプション業者はどこもこうしたボーナスをキャンペーンとしてもらえるようにしていますが、難点としてボーナスをもらうと出金条件が課せられることです。業者側としてもボーナスだけ取られて逃げられるのは問題があるので、その処置は当然ですがこれによって出金をしようとしてもできないようになってしまい、出金トラブルの1つの原因として存在しています。現にボーナスの出金条件はボーナスとは別のところに記載しているのでそれが余計にトラブルの基になっているのでしょう。

ソニックオプションの場合はボーナスをもらうと、そのボーナスを受け取るのにボーナスと入金額を合わせた金額の15倍の取引をする必要があります。しかしこの条件は「ボーナスの出金をするための条件」であり「入金した金額と取引で得た利益の条件」ではありません。そのためボーナスを受け取ったとしても取引で得た利益は問題なく出金することができ、ボーナスを受け取るデメリットがないのです。もちろんボーナスを受け取るには条件を達成する必要がありますが、15倍となっているため他よりも条件としては緩くなっています。